地域で取り組む市民団体、行政

九都県市首脳会議廃棄物問題検討委員会「九都県市はマイボトル宣言」

九都県市首脳会議廃棄物問題検討委員会では、循環型社会を構築するために3R普及促進事業を進めていますが、平成24年度も10月の3R推進月間に「九都県市はマイボトル宣言」を実施しました。

「九都県市はマイボトル宣言」は九都県市域内のコーヒーショップ等と協力し、お客様が持参したマイボトルで飲料を販売し、使い捨てカップ等のごみを出さないよう、マイボトルの使用を呼びかけるキャンペーンです。九都県市で合計1,977店舗が参画しました。

また、24年度は、大学生と連携した普及啓発活動を実施しました。

連携したショップ

上島珈琲店/エクセルシオール カフェ/カフェクロワッサン/カフェ珈琲館/カフェソラーレ/カフェディエスプレッソ珈琲館/カフェデュモンド/カフェ・ド・クリエ/渋谷珈琲研究所/ セガフレード・ザネッティ・エスプレッソ/スターバックス コーヒー/タリーズコーヒー/ドーナッツプラント/どこでもカフェ/ドトールコーヒーショップ/ドリップマニア/西船珈琲研究所/ニューヨーカーズカフェ/ブレンズコーヒー/プロント/ベックスコーヒーショップ/ベックスコーヒーショッププラス

連携した学生団体

NPO法人 エコ・リーグ/学生団体MARKS

※九都県市首脳会議及び廃棄物問題検討委員会とは
九都県市首脳会議は、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市の首長で構成され、長期的展望のもとに、共同して広域的課題に積極的に取り組んでいます。その下部組織である廃棄物問題検討委員会は、九都県市の廃棄物担当部局長で構成され、循環型社会の構築を目指し、広域的な対応が求められる廃棄物処理に関する方策等について検討するとともに、必要な取組を実施しています。

このページのトップへ

お問合せ

マイボトル・マイカップ キャンペーン