地域で取り組む市民団体、行政

静岡県

静岡県では、平成22年度からマイボトル・マイカップ運動を展開しています。この運動の目的は、マイバッグ運動に続く、新たなリデュース・リユースの定着化による更なるごみの削減です。

この運動では、行政や消費者ばかりでなく、ボトルメーカーや飲料販売店にも協力を求め、それぞれがメリットを得られる取組を目指しています。この運動を通じて得られるメリットは次のとおりです。

  • 消費者は、ごみを削減できるとともに、ペットボトル飲料の購入費削減
  • ボトルのメーカーや販売店は、ボトルの売り上げ拡大
  • 飲料販売店は、給茶スポットの拡大等により消費拡大

以上を通じて、行政は、ごみの削減を図ることができます。

静岡県が行なうマイボトル・マイカップ運動では、次の6つの取組を行っています。

  1. ふじのくにエコショップ宣言制度
    ⇒環境配慮に取り組む店舗等を登録し、ウェブサイトで公開周知しています。登録店の中には給茶スポットやマイカップ持参で特典を提供するお店もあります。
  2. マイボトルアイデアコンテストの開催
    ⇒「ごみゼロアイデアコンテスト」に「マイボトルアイデア部門」を設け、生活に身近な保温性マイボトルについて、もっと使いたくなる新しい機能や形状、使用方法、絵柄やデザインなどのアイデアを募集しました。

    『平成25年度の入賞作品』[PDF1.12MB]

  3. マイボトルキャンペーンの実施
    ⇒県内にあるマイボトルが使えるお店(給茶スポット、喫茶店など)の一覧を作成しました。

    『マイボトルが使える静岡のお店ガイド』[PDF363KB]

  4. 給茶スポットの普及と利用促進
  5. 県内市町との連携実施(マイグッズ持参等)
  6. 庁舎内のマイボトル、マイカップの利用促進

このページのトップへ

お問合せ

マイボトル・マイカップ キャンペーン